FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空虚を形作るもの(void shaper)

森博嗣のヴォイドシェイパ、読み終わりました。


なんというか・・・ 非常に評価しにくい作品。


ストーリーどうこうではなく、雰囲気や主題を楽しむものかと。


随所に新渡戸稲造の「武士道」が使われていることにもあるように、

日本人の古来から持つ人間性についてを物語を通して書かれています



殺すとはどういうことか。はたまた生きることと死ぬことの価値とは。


心とは、なにか。人とはどうあるべきか。



非常に哲学させられる内容です。



老子と少年を思い出しました。



スカイクロラも殺しの哲学のようなテーマがありますが、


ヴォイドシェイパとは相反する考えだと感じました。



スカイクロラでは殺しは日常。なぜ殺してはいけないの?


それはしごく当たり前なことのはずだ。


といった雰囲気ですが、ヴォイドシェイパはそれとは違い



殺すとはどういうことか。そこから発展して深い深い問答を主人公が繰り返します。


ようは登場人物の殺しの受け止め方というか、価値観が全く違うんですね



どちらも正しいと思わせられるところがまた奥深い。


生と死と同じように、その二つの考え方は相反しているわけではない、ということでしょうか。



村上春樹には、答えのない問いをぶつけられますが


森博嗣には問いそのものを問われているような気がします。



本質的な問いの、さらにその本質を問うような。



一見矛盾してるようですが、またそれも間違いというわけではなく。


相反も一致もせず、ただ言葉にならないものが存在する。


それこそ人の心というべきか。


いや何も存在していないのかもしれない。


心とはなんなのだろうか。


静かに、そして深く、問いてみるのもいいかもしれない


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いよかん

Author:いよかん
なんかあればてきとーに書きますー^^

細かいことは気にせずに。

Flashカレンダー
アナログ時計(黒)
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
twitter
ブログでクエスト
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クイズ?笑
下記は絶対に消さないでください。
曲がり角ブログ
直接編集モードにする
これでブログをいじれます

直接編集モードにする

ブラウザの [更新] をしてもらうと 元の状態 に戻ります。

Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。